オーストリア経済振興会社(投資コンサル)

オーストリア経済振興会社の国際直接投資

国際直接投資には大きなリスクが伴います。その理由は簡単で、国によって法律が異なりますし、また文化も異なるからです。勤勉な文化の国であれば生産拠点として優れているでしょう。しかし、労働組合が強くて権利の主張ばかりしているような国民性であれば、逆にリスクは大きくなる可能性があります。最近では中国などの共産圏に工場を置く企業が多くあったのですが、共産圏という文化の異なる地域に進出することに寄るトラブルは大きかったと言わざるを得ないのです。結局として事業自体が失敗したと言う例もあります。

 

文化や法律の違いというのは非常に大きいものだと考えられます。そのために、国際直接投資をためらうのは自然なことだと言えるでしょう。というのも投資のリスクが大きく多額の債務を抱え、自己破産に追い込まれてしまうとしてしまうことも考えられるからです。しかしその辺面、国内ばかりに投資をしていては、企業としては収益の拡大を望めなくなってきているのも事実ですし、人件費の高い日本は生産拠点として適さなくなってきているのも事実です。このような状況を考えれば、リスクを抱えてでも投資するべきだと考えるのは自然なことです。

 

ただ、リスクはあるのですがリスクを低減することも可能です。オーストリア経済振興会社は、オーストリアの政府が運営しているコンサルティング会社ですが、オーストリアへの直接投資を促進しています。オーストリア経済振興会社を利用すれば、オーストリアの情報が入ってきます。日本との文化の違いや法律の違い、政治の違いなどについても把握することができるでしょう。ですから、オーストリア経済振興会社を利用することによって、国の違いによるリスクを抑えることができるというメリットがあります。

 

オーストリア経済振興会社は、日本だけではなくていろいろな国で活動をしています。ドイツやフランスなどのヨーロッパの国や、アメリカ、カナダなどでも活動を行っていて、すでに世界のトップメーカーへの誘致を成功させています。オーストリアの情報を得ることによって、リスクを抑えるのに役立っていると言えるでしょう。